「BORO(ボロ)」ではなく「VOLO(ヴォーロ)」です

ー 新旧の融合で持続可能な未来へ ー

ヨーロッパなどでは歴史的建造物や古い家屋を活かし、リノベーションして使い続けることは当たり前とされています。日本も本来は“もったいない文化”だったはずです。現在、人口以上の住宅戸数はすでに確保されています。器は壊すのではなく、またきれいに洗って代々引き継げばよいのです。VOLOは、古さや懐かしさなど建物の眠っている“良さ”を引き出しながら、デザインで新たな価値へと変えていきます。建物は手入れをきちんとすることで価値を維持することができます。また、これから私たちのライフスタイルを地球規模で考えた場合、新、旧のバランスを保ちながら、自ずとサスティナブルな生活にシフトすることになるでしょう。そこで、私たちにできることは何か、そもそも自分らしい生活とは何か、改めて見つめ直すことが必要です。これからVOLOが「守破離」の精神に立ち、これまでのハウスメーカー、工務店などとは違う新たなスタンダードを創っていきます。

※「VOLO」とは、イタリア語でフライト、飛躍を意味します。
※「守破離」とは、日本の茶道、武道、芸術において、型を「守る」ことから修行が始まり、
 その後研究することで既存の型を「破り」、いづれ型から「離れて」自在になることを指す。


間のデザイン

人間・時間・空間すべての"間"には、物・事・場が介在し、それらの呼吸によりライフスタイルが醸成されます。 つまりその"間"の精度を高め、それぞれの呼吸を調和させることがデザインに求められます。 インテリア・ポータルサイト「モノコトバ」では、モノが飽和状態になった今、これからの環境に添った様々な仕掛けをつくっていきます。


Designer/代表・パーティー番長

SEN-ICHIRO WATANABE
渡辺 仙一郎

インハウスのディスプレーデザイナーを経て、2007年P.S Design Studioを設立。
インテリアエレメント、生活雑貨等のデザイン、企画を中心に国内外で活動。
2011年にデザインユニット、6474を結成。
2014年リノベーション・ブランドVOLOを設立。


Designer/執行係・大声担当

SATOSHI SASAKI
佐々木 里史

オフィス家具メーカーを経て、東京藝術大学デザイン科勤務。
2013年デザインスタジオmodanico参画。
家具デザインを中心に住居や店舗内装デザインをおこなう。

|
|

Web,Graphic・Designer

YUSUKE SAWAMURA
澤村 裕介

学生時代に雑誌「LIP」にてデザイン・ディレクションに参加。アパレルブランドでのデザイナー・飲食店での調理経験などを経て卒業後、東京藝術大学デザイン科非常勤講師とし印刷出力を中心に勤務・指導。現在、グラフィックデザイン、webディレクション、カフェディレクション、靴作家など幅広いジャンルで活動中。

Biography

Biography

Awards

Awards

Publication

Magazine

Book

Catalog

Web

Publication

データがありません。